ターゲットは初心者

ターゲットは初心者

人間、自分の知らない事を教わる時は、人の意見を素直に聞くものです。知らないのだから知っている人の意見は聞きますね。

 

このような素直な心を持った初心者ユーザーに訴求する事で、商品やサービスは売れるのです。

 

まず、初心者の役には立ちやすいものです。どういう事かというと、何かの情報を人に提供する時、その内容は対象者によって変わります。

 

仮にアフィリエイトをテーマにした時は、相手が初心者であればアフィリエイトの始め方やブログの立ち上げ方といった基礎知識を中心に教える必要があります。

 

これが相手が上級者であれば、コアな情報や応用テクニックなどを教える必要があります。このように考えた時に、サイトの運営者が作りやすいのは初心者向けのサイトになるのです。

初心者に役立つサイトの方が始めやすい

初心者にはそれほど高度な知識を伝える必要がないので、作成のハードルは下がるのです。

 

自分自身が初心者であっても、同じ立場の人に対してであれば同じ気持ちが解る分、専門知識を持った人よりも初心者にとって役立つサイトを作れる可能性もあるのです。

 

あなたが、仮に苦労しながら始めてアフィリエイトブログを立ち上げたとします。この苦労した内容を伝えるサイトを作れば、あなたの少し後を走るアフィリエイトブログのユーザーには役立つサイトになるのです。
ブログはこのように開設したよ!ASPにはこのように登録したよ!初めて報酬をゲットしたよ!と伝えていけば、初心者であるはずのあなたを師匠として、あなたのサイトを参考にするユーザーもいるという事です。

マーケットが一番大きい

アフィリエイトは一般な消費者を相手にする事が多いです。この時にどんな分野であっても一番数が多いのが初心者層なのです。

 

つまり、初心者向けのサイトは、最も大きなマーケットを相手にする事になるのです。マーケットが大きいイコールユーザーの数が多いとなります。ユーザーの数が多ければ、当然ながらアクセスは集めやすいです。

 

更にアクセスが多いという事は、成果が上がる確率も高くなると言う事です。このようにあなたがどんなジャンルのサイトを作成したとしても、初心者層が一番数が多いと言う事です。

 

そして、初心者層と言うのは簡単に数が減らないものです。一度成果が上がるサイトが作成してしまうと、長期的に報酬を得る事が出来るようになるのです。

 

成約が一番しやすい

初心者層をマーケットにすることのもう一つのメリットは、成約に結び付きやすいという事です。ある意味一番のメリットですね。

 

初心者は知識が不足しているので、人の意見をもとに商品を購入する傾向があります。少し経験がある人は自分の判断が出来るので、人の意見に左右されにくくなります。

 

また、自分のこだわりを持っている事もあるので、余計に人の意見を聞き入れにくいものです。

 

つまり、初心者向けに商品を紹介すれば、素直に購入してくれる割合が高くなるのです。ビジネスとして考えた場合一番効率はイイのです。

 

ただ、だからと言って、あなたの知りもしない商品などを紹介しては絶対にいけません。知らないが故に経験者であるあなたからのアドバイスを聞いて購入しようと思った人を騙すような事は厳禁です。

 

一度、不快に思ったら二度とあなたのサイトからは購入をしようとは思いません。

 

反対に、何も知らなかったけど、あなたの紹介してくれるものを購入したらホントに良かった!と思って貰えるものであれば、次からもあなたが紹介するものは信頼して購入してくれるようになるので、初心者向けのサイトこそ誠実に作成しないといけませんね。