コミッションの安い単価は稼げない

コミッション単価は高ければ良いの?

コミッション単価の低いプログラムでは基本的に稼げません。では高ければ良いのか言うと、漠然とコミッション単価の高いプログラムを選んでも、これまた稼ぐ事は出来ないです。

 

アフィリエイトのコミッション単価と言うのは、一律ではなくて商品ごとに設定されています。低いものは数十円から高いものは数万円まであります。

 

では、少し考えて欲しいと思います。

 

A商品単価1500円のコミッションが5%の商品
B商品単価50000円のコミッションが20%の商品

 

このAとBはどちらが売れやすいですか?

 

正解はもちろんAです。1500円の商品の方が売りやすいのは当然です。しかし、質問を変えてどちらを扱った方が稼ぎやすいですか?になった時には、答えはBになります。

 

Bの方がはるかに稼ぎやすいのです。

稼げる理由はコミッション単価

売りやすいけど儲からない!もしくは儲かり難いのはAです。Bは売りにくいけど儲かるのはBです。

 

その理由は、コミッションの単価にあります。Aのコミッション単価は1500円×5%で1個売って75円です。Bのコミッションは単価50000円×20%で10000円です。

 

1万円稼ぐ時に、Bは1個売れれば良いです。しかし、Aは133個も売らなければいけないのです。

アクセス数が少ない時には・・・

個人のサイトと言うのは、アクセス数が少ないので、低額商品をたくさん売って稼ぐよりも、高額商品を1個売る方が簡単です。

 

例えば、アクセス数が1000のサイトで商品を133個売ろうとすると、約8人に1個買って頂く必要があります。ただ、この確率で売っていく事は実質的には無理と言えます。

 

一方、高額商品であっても、これだけのアクセスがあると1個くらいは売れます。つまり、高額商品を扱った方が稼ぎやすいと言う事です。

商品単価とコミッション単価

コミッション単価が低すぎると大きく稼ぐ事は出来ません。また、コミッション単価が高くても売れなければこちらも稼ぐ事は出来ません。

 

大事な事は商品単価とコミッション単価のバランスです。

 

この時の基準は、商品単価が1万円から3万円。コミッション料率が10%か単価800円以上の商品です。一つこの基準で商品を選択すると良いでしょう。

 

更にこの基準に当たる商品が最低5個くらいないとこの分野で稼ぐ事は難しいので、この基準で商品を選択してみると良いです。