ASPに登録します

ASPを選んで登録

日本国内には多くのASPがあります。広告主数や最低支払額などはそれぞれのASPによって違います。

 

ASPの各社によってそれぞの個性があって、旅行系に強い(広告主がたくさんある)ASPもあれば、金融系に強いASPとあります。

 

ただ、始めのうちはプログラム数がとっても多いA8.net で開始するのが一番良いです。

 

そして経験を積んで色々なサイトなどを作ってから他のASPに登録する事をおススメします。

サイトを用意してからASPに登録

ASPに登録してアカウントを取得するには、ブログやホームページのサイトが必要になります。ブログでもホームページでもどちらでも良いので、まずはサイトを立ち上げます。

 

FC2の無料ブログで始めても良いですしサイト作成ツールのシリウスでも良いです。。ただ、アフィリエイトサイトを継続的に稼げるようにするにはサイト作成ツールのシリウスが一番です。

 

ASPに登録するには、一定数のコンテンツがあるサイトが必要です。コンテンツとは記事の事なので、最低10〜15ページくらいは用意しましょう。記事数は多い方が良いためです。

 

記事の内容はなどは特に条件はありません。反社会的な内容などでなければ何でも大丈夫です。

 

日記的な今日のお昼は何を食べて美味しかった!などでも良いです。ただ、ここで注意するのはあまりにも文字数が少ないと”中身が無いサイト”となってしまいます。

 

中身が無いサイトとなるとASPの申請が通らない事もあるので、1記事当たり400〜800文字くらいは書いておくのが良いでしょう。

申請をおこないます

10〜15ページくらいで1記事400〜800文字のサイトが出来たら各社のASP申込みページから申請をします。

 

あなたの個人情報と所有するサイトの情報などを、記入して申し込みをおこないます。記入項目の中で、サイトのアクセス数やページビュー数などを記載する項目があったりします。

 

サイトを立ち上げたばかりだと、当然ながらほとんどゼロだと思います。ゼロだと審査に通らないかな?と思う人もいますが大丈夫です。これらの数字が申請に与える影響はないと言われています。実際に私はサイトを立ち上げてすぐにサイトを登録しますが、ほとんどゼロと記入しています。

 

気にしないで手続きを進めて下さい。

 

数日で審査の結果がメールで通知されます。ここで万一、申請が却下されたら原因はコンテンツの不足によるものです。記事数を増やしてから再申請をおこなって下さい。

 

再申請は自由に出来るので通るまでやれば良いです。ただ、ある程度の記事数があって、1記事数の文字数があれば大抵は通ります。

 

関連記事の『人気のASPに登録しよう』を参考にして下さい。